十分な睡眠をとり、ストレスフリーな規則正しい生活を心がけましょう。

MENU

生活習慣を見直す

 

口臭を改善したいのであれば、なによりも生活習慣を見直すことが大切です。

 

口臭の原因は一つではないので、その原因を探って対策をしてもまた別の発生元である口臭が漂ってくるということもないわけではありません。

 

例えば、「タバコをやめたはずなのに娘に臭いと言われる。タバコ以外にも飲酒による口臭がきつかったみたい。」など、口臭を止めるためには、その原因となるリスクを生活習慣を改善することによって減らしていきたいです。

 

今日からすぐ取り組める口臭予防に関係する生活習慣の改善方法をご紹介します。

 

 

タバコをやめる

口臭の原因となるメジャーどころです。
非喫煙者にとって喫煙者の口臭というのは、独特の嫌悪感があります。
どんなに美しい男性(女性)でも、タバコの口臭を発生させていては台無しです。

 

 

お酒を控える

お酒を控えることも大切な口臭予防法の一つです。よく健康診断などで絶食すると口臭が消える人がいますが、飲食による口臭の効果はとても大きいです。

 

毎晩、晩酌をしているような人はアルコール飲料などが口臭を発生させている可能性があります。

 

 

水分をよく取る

口臭を抑えるために水を飲む男性

ドライマウスが口臭に良くないというのは多く人がご存知だと思います。
口の中が乾燥してしまうと唾液が抑えられて、口腔内の雑菌を抑制することができません。

 

サラサラした唾液は口臭予防にも良いので、積極的にお水を飲んだり、水分を補給することによって予防したいですね。

 

 

ストレスを沈めて睡眠をよくとる

ストレスが多いと自律神経の働きに影響を及ぼして口臭の原因となることもあり、睡眠を多く取ることも口臭予防の一貫となります。

 

上述の唾液の分泌も自律神経の働きが正常でないと潤沢に分泌できないので、ストレスフリーな生活を送り、なにより夜よく寝ることが大切です。

 

夜眠ることは自律神経の働きをよくするので規則正しい生活を心がけましょう。