非喫煙者にとって、タバコの煙同様にタバコによる口臭にも嫌悪感を抱きます。

MENU

口臭の原因を探る

 

周囲を不快にさせたり、迷惑になるような口臭を治すためには、口臭の原因がなんなのかを知ることです。

 

口臭の原因は、一つではなく、さまざまなものがあり、単一で原因になるだけでなく、複合的に重なりあったりして口臭として現れます。

 

 

喫煙・タバコ

口臭の原因となるタバコを吸う男性

口臭の原因としてわかりやすいのがコレです。

 

今や喫煙者の居場所は少なくなり、タバコに対する市民の考え方も少しずつ変化してきましたが、男性の中には、タバコを吸う事時代のファッション性を否定することができずにいる人も多いです。

 

しかしタバコによる口臭というのは、非喫煙者には独特な嫌悪感を持って感じられるものです。

 

自分では自覚しにくいのが口臭ですが、あなたが思っている以上に煙たがられていることに気をつけましょう。

 

 

舌苔

舌に苔が出来ると白くなって、細菌がたまってしまうことがあります。
舌が白くただれている人は、ここに角質が出来て白くなっている可能性があります。

 

この上で出来る揮発性硫化硫黄物が細菌と混ざりあったり、食べ物の残りかすなどと混ざり合って、口臭に繋がっていきます

 

舌苔は病気ではないので、日頃のブラッシングでケアしていきたいところです。

 

 

食べ残しによる口臭

「この人は普段、口臭とは無縁の人なのに、今日臭うのはなぜ?」と感じる瞬間ってありませんか?

 

口臭がない人でも食事の後に歯や口の中に食べ残しや食べカスが残ってしまうと、会話をしているときに口臭と感じてしまうことがあります。

 

食べ残しは歯と歯の間にこびり付くことが多く、口臭の原因になります。
特に肉や脂身など歯に挟まりやすいものには要注意です。

 

 

ドライマウスによる乾燥

加齢やストレスによる口腔内の乾燥も口臭の原因の一つです。

 

唾液は分泌していると口腔内の細菌を抑制したり、口臭を抑える効果がありますが、逆に乾燥してしまうと唾液の臭いの原因になることがあります。