歯間ブラシで食べカスを除去して、口腔内の衛生状態を維持しましょう。

MENU

口腔ケアグッズを使ってみる

 

口臭を予防したり改善したいと考えたときに、医師による薬や漢方の処方、サプリメントを摂取することで治すことも可能ですが、口腔ケアグッズを使用してみるのもおすすめです。

 

口臭は胃や腸の状態に影響されることも多々ありますが、口腔内の衛生状態や環境に左右されることも多いです。

 

口の中を日頃からメンテナンスしておくことは大きな口臭予防になります。

 

特に、

  • 口腔内の水分を維持したり、乾燥を防ぐこと
  • 食後の食べカスやプラークなどを適切に除去して口腔内のばい菌の繁殖を防ぐこと

は確実に口臭予防や改善につながります。

 

普段使っている歯ブラシなど定番の口腔ケアグッズだけでなく、あれば便利な口腔ケアグッズは多いです。

 

ここではすぐに始められる口腔ケアグッズをご紹介します。

 

 

歯間ブラシ

口腔ケアグッズの歯間ブラシ

歯と歯の間に挟まった食べ残しやプラークは適切に除去しないと、虫歯を誘発したり、口臭の原因になることが多いです。

 

通常の歯ブラシで取り除けないような食べカスは放置しておくと危険です。
歯間ブラシを使うことで除去して、口腔内の衛生状態を維持しましょう。

 

 

舌ブラシ

歯磨きを毎日するという人はいても、舌をブラッシングするという人は少ないはずです。

 

しかし舌に繁殖した舌苔は口臭の原因となることも多く日頃から舌をブラッシングしておくことはおすすめです。舌をブラッシングする専用のブラシも販売されているので今日から取り組んでみるといいでしょう。

 

 

口内保湿ジェル

口腔内の乾燥はドライマウスの原因でもあり、口臭を誘発します。
日頃から口腔内に潤いを与えて乾燥を防ぐことは口臭予防に効果的です。

 

口をゆすいだりうがいをすることで保湿することもおすすめですが、効果が持続しないこともあります。口内保湿ジェルはジェル状のものを塗ることで長い時間口腔内の保湿をキープすることが可能です。