虫歯が進行すると臭いが強くなるため、歯医者で早期に治療しましょう。

MENU

歯医者に行ってみる

 

口臭を治すために歯医者に行く

 

口臭を治したいと思ったら、歯医者に行ってみることをおすすめします。

 

口臭の原因は、口腔内のコンディションによるところが多いので、

  • 歯石を除去
  • 虫歯のもととなるプラークを取り除く
  • 歯周病の有無を検診

を行ってくれる歯科医院は気軽に訪れることができるので、相談してみるといいでしょう。

 

特にあまり知られてはいませんが、虫歯は口臭のもとになります。
特に進行した虫歯は、臭いが強くなるため早期に歯医者で治療する必要があります。

 

 

 

歯医者は虫歯を治療するだけでなく、虫歯になる前のメンテナンスをとても重視します。

 

定期的に検診を促して、歯石を除去したり、プラークを取り除いたりします。

 

歯石やプラークを放置しておくと、歯周病や歯肉炎などの病気にもつながりさらに口臭を誘発する可能性があります

 

また歯周病や歯肉炎は、口臭を発生させるだけでなく、歯を弱くして最悪の場合、抜歯も余儀なくされることがあります

 

歯医者では歯茎に減退や退縮がないかをチェックしたり、歯茎が赤らんでいたり、膿が出ていないかを調べることができます。

 

また歯医者さんでは虫歯の治療や歯周病の治療のみだけでなく、おすすめの歯ブラシや口腔ケア用品などを購入することができるので試してみるのもいいでしょう。

 

 

 

また歯医者で親知らずを抜いたという経験を持つ人も多いのではないでしょうか?

 

親知らずを抜くことで口臭を予防することができます。

 

なぜなら親知らずというのは、奥歯のあたりでいびつに生えることが多く、食べカスが溜まりやすく挟まりやすい部分です。

 

また親知らずは斜めに生える傾向があり、歯茎を押し上げたり圧迫することで、周りの歯茎や細胞を傷める傾向があります。

 

これにより膿が発生して臭いの原因となることもあるので、あまりに痛い親知らずは早めに抜いてしまうといいでしょう。