キシリトールは虫歯の発生を防ぐ効果があるので、口臭予防にもつながります。

MENU

ガムは口臭に逆効果?

口臭ケアグッズとして、手軽に取り入れられるガムですが、みなさんは普段口臭予防のためにどんなガムを噛んでいますか?
実は、ただガムを噛んでいるだけでは口臭予防には効果がありません。
それどころか、結果的に逆効果になってしまう事もあるので注意が必要です。
ガムの口臭予防効果について正しく理解し、本当に効果のあるガムを選びましょう。

 

ガムに期待できる口臭予防効果とは

口臭予防には、口腔内を洗浄し、口の中を清潔な状態に保ってくれる「唾液」を出すことが重要です。
唾液は食べ物を咀嚼することで分泌を促すことができますので、ガムを噛むことで口臭予防効果が期待できることが分かります。
しかし、すべてのガムが口臭予防に効果があるわけではありません。
ガムを選ぶ際には注意も必要です。

 

ガムを選ぶ際は糖分のないものを

ガムは無糖のものを選ぼう

ガムを噛むこと自体は、唾液が増えるので良いのですが、糖分が含まれているガムは口臭予防に逆効果です。
唾液が出ることで、一時的な口臭予防にはなりますが、糖分が虫歯菌の餌となってしまってしまっては意味がありません。
虫歯は強い口臭の原因となりますので、結果的には口臭予防に逆効果となってしまうのです。
あくまでガムに期待できる口臭予防の効果は「唾液の分泌を促すこと」と理解し、味が強いからといって、糖分の含まれるガムを選ばないように注意しましょう。
ガムを選ぶ際には、成分に「砂糖」「みずあめ」「ブドウ糖果糖液糖」が含まれるものは避け、「シュガーレスガム」や「キシリトール」が配合されたものを選ぶように心がけてください。
特にキシリトールは天然の甘味料なので、甘みを感じることもできますし、虫歯の発生を防ぐ効果もあるので、積極的に取り入れていきたいですね。
ただし、キシリトールは消化吸収がされにくいというデメリットもあり、食べ過ぎるとお腹が緩くなることもあります。
商品の設けた1日の摂取量を守り、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

 

ガムを正しく活用しながら根本的な口臭改善を

ガムを噛むことで唾液の分泌を促し、口臭予防ができることはお伝えしましたが、ガムにはプラークを落とす効果はありませんので、歯磨きと同じ効果は期待できません。
また、ガムを長時間噛みすぎると歯のエナメル質が失われ、歯の表面がすり減ってしまい、知覚過敏を起こす恐れもあります。
あくまで食事後に歯磨きができない際など、一時的な口臭ケアグッズとして活用し、噛む時間は大体30分程度を目安にしましょう。
口臭ケアにガムを取り入れながら、水分補給で唾液の分泌を促したり、歯や舌についたプラークを日常的に取り除く習慣を心がけ、根本的な口臭の改善を目指しましょう。