リラックスできる時間を多く持ち、副交感神経の働きを促して唾液を分泌しましょう。

MENU

唾液の分泌量を増やす

 

口腔内が乾燥して口の中の唾液が減少してしまうと口臭の原因になります。

 

ドライマウスを予防して唾液の分泌量を増やすことは、口臭予防につながるので、どうすれば唾液を分泌させることができるのかを知っておくことは重要です。

 

唾液の中には、腸内フローラの改善にも効果があるといわれているラクトフェリンや免疫グロブリンなどペルオキシターゼなどさまざまな成分が含まれています

 

こういった成分の中には、口腔内の細菌に作用したり、抑制したりする作用があるので、唾液が減少していると歯周病にかかりやすくなったり、口臭の原因を作るリスクを高めます

 

その他にも唾液には口腔粘膜を保護したり、口腔内のPH値を整えたり、歯の再石灰化を促す効果があります。

 

また、口の中だけではなく食道から胃、腸に流れて整腸作用を高める効果もあります。

 

したがって口腔内のコンディションだけでなく唾液は体全体の調子を整えてくれるものと考えるべきです。

 

では、唾液を分泌させるためにはどういったことを心がければいいのでしょうか?

 

 

食べ物をよく噛む・咀嚼の回数を増やす

口臭を発生させないためによく噛んで食べている男性

食事のときに食べ物をよく噛むことで唾液は分泌されます。
ただ唾液を出す目的ならガムを噛むことが即効性があります

 

咀嚼の回数を増やすことで唾液の量は増えてきます。

 

 

リラックスして副交感神経のはたらきを促す

唾液の減少やドライマウスの原因は、ストレスや更年期障害にあるといわれています。
緊張状態よりもリラックスして副交感神経が働いているときの方が、唾液は出やすいといわれています。なるべくリラックスして気持ちを落ち着かせる時間を多く持ちましょう。

 

 

食生活を気をつける

唾液を出しやすい食べ物と出にくい食べ物があります。
梅干しや漬物など酸味があり、味覚を刺激するような食べ物は唾液を誘発します。
また梅干しは唾液をサラサラにする効果もあり、口臭予防になります。

 

 

生活習慣の見直しも重要