口臭外来では口臭測定器を使って、口臭の有無や数値を測定します。

MENU

病院に行ってみる

 

病院に行って口臭を治す

 

自分の口臭が気になるという人は多いでしょう。

 

自分が他人から口臭が臭いと思われていないか気になっている人、家族に口臭を指摘された人はなんとしても口臭を治したいと思っているでしょう。

 

しかし自分に口臭があるけれど、その原因が何なのかわからないという人も多いでしょう。

 

口臭の原因は虫歯であったり、ドライマウスであったり、胃や腸の状態が関係していたりすることがあります。

 

「口臭を指摘されてくらいでへこたれるな」と自分を励ましたくなる気持ちもわかりますが、あまりにひどい口臭である場合には、思い切って病院に行ってみるという手もあります

 

例えば口臭を気にして歯科を受診することもありますが、歯科は虫歯や歯周病といった口腔内に原因があるときはそれに応じた診断ができますが、胃や腸などの内臓に原因があるときは、診断することができません。

 

そういうときは、病院を受診して自分の口臭の原因がどこにあるのか聞いてみるといいでしょう

 

内科や耳鼻咽喉科などが口臭に関する診断ができますが、その他にも口臭外来という唾液や口臭の数値を測定して検査をする診療科もあります。

 

口臭外来では口臭測定器を使って、オーラルクロマやインキュベーターなどの測定器によって具体的な口臭の有無や数値を測定していきます。

 

他にも尿検査や舌診などを通じて他の病気との関連を診断します。

 

これによって他の診療科を受診する必要があると医師が判断した場合には、内科や外科などにまわされることになります。

 

このように病院に行くことによって、自分の具体的な口臭の数値や性質などを診断してもらうことができ、もしかしたら大きな病気を発見することができるかもしれません

 

たかが口臭、されど口臭です。

 

単なる口臭だと思って、放置していたら進行した大病で、手遅れだったということがないように早めに病院に行きましょう