朝食を食べることで多くの唾液が分泌されて口の中を抗菌状態に保つことが出来ます。

MENU

朝食を抜くと口臭が強くなる?

口臭を改善するためには、食生活などの生活習慣を見直すことが必要ですが、
朝食を食べる」という習慣も実は口臭予防の大切なポイントです。
口臭が気になるならば、ぜひ朝食を食べる習慣を身につけましょう。

 

寝起きはもっとも口臭がきつくなる?

朝起きたとき、口臭がきつい、または口の中がネバネバしている、乾燥している、と感じた事はありませんか?
これは、就寝中に歯のすきまや舌に残った食べかすなどが腐敗し、口腔内に細菌が繁殖することで起こります。
また、睡眠中に細菌の繁殖を抑制する効果のある唾液の分泌量が減少し、口の中が乾燥してしまうことも、口臭が強くなる原因となります。
さらに、空腹の状態が長く続くと胃から悪臭のするガスが発生してしまいます。
このガスが血液に溶けて肺まで運ばれ、呼気に混ざることで口臭がきつくなります。

 

朝食を食べることで口臭を改善する

朝食を食べる男性

つまり、寝起きの時間帯は一日の中でもっとも口臭がきつくなる、
ということが分かりますね。
実は、寝起きの口臭は「朝食を食べる」ことで改善することができるのです。
朝はバタバタしていて時間がないから」と朝食を抜いて出掛けてはいませんか?
その状態のままでは、強い悪臭を口から放ってしまうことになります。
口臭予防のために朝食はきちんと取るようにしましょう。

 

まず、食事をすることで、歯や舌に残っている食べかすなどを取ることができるので、口臭を軽減させることができます。
そして、食べ物を咀嚼することによって、唾液の分泌が促され、口腔内の細菌の繁殖を抑えてくれます。
よく噛んで食べることで、より多くの唾液が分泌され、口の中を抗菌状態に保つことができます。
また、朝食の際はお水を飲むように心がけましょう。
水分補給をすることで、唾液の分泌を促進し、口腔内を洗浄する効果もあります。
口の中を潤すことにより、ドライマウスの予防にもつながるので、より口臭の予防に効果がありますね。

 

ここで気を付けたいのがコーヒーや紅茶などのカフェインの摂取について。

カフェインには、唾液の分泌を抑制する働きがあるので、口臭予防には不向きといえるでしょう。
「朝はコーヒー一杯だけ」という人は、きちんと朝食を取り、お水を飲むだけでかなり口臭の改善につながるはずです。

ダイエット中で食事を制限している場合でも、バナナ1本だけでも良いので、よく噛んで食べるようにしてみてはいかがでしょうか?
その際、お水を一杯飲むとより口臭を抑えることができますね。

 

そして、朝食後は歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどの口腔ケアグッズ使って、
口腔内を清潔に保つように心がけましょう。
口臭が気になるときは、朝の習慣を見直してみると良いかもしれません。